ガレージでの仕事内容や日々の出来事などをUPします。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
adibrightウォームアップ ジャケット
防災用品
 
<災害・非常用>手回し充電ラジオ付きライト多機能版
 
フリースクロス
 
フリースクロス(5枚セット)
 
スィングメッセージ
 
DC-10  スイングメッセージ <カーズ>
 
麹(こうじ) 塩切麹 575g 有機JAS認定米使用
RECOMMEND
<< 10〜12日作業様子 | main | HIJET サービスキャンペーン整備 >>
車検に関する検査適合基準見直し
category: - | author: R&D仲本浩治
0

    自動車の車検審査が2月から変わり、運転席のメーターパネルにある警告灯が点灯している車の検査は受け付けてもらえない。独立行政法人の自動車技術総合機構は、特に古い車などは車検前に十分に整備をしてから受検するよう呼びかけている。

    【自動車総合技術機構のお知らせ】

     同機構によると、エンジンが動いている状態で、前方エアバッグ▽側方エアバッグ▽ブレーキ▽ABS▽原動機−−の警告灯が点灯・点滅したり、警報ブザーが鳴ったりしたままの車については、2月から車検の審査を行わない。このため、車検が受けられなくなる。

     これらの警告灯は、ブレーキなど安全性に関わる重要な故障を抱えた可能性も否定できないことや、安全に対する社会的機運の高まりもあるので、厳密にチェックすることになったという。

     また、旧型車を中心に、上に例示したマーク以外の警告灯が点灯した場合でも、安全性に問題があると判断されれば審査が受けられないことがある。警告灯が点灯した自動車は、十分に整備をしてから車検に臨んでほしいとしている。また、警告灯が点灯しないよう改造することは、法令違反の可能性もあるとして注意を呼びかけている。

     

    上記の内容に該当する車両のオーナー様は早めに最寄りの整備工場へお問い合わせ下さい

     

    (記事抜粋)

     


     

    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑






    この記事のトラックバックURL : http://dialy.r-d2006garage.com/trackback/1226
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH