ガレージでの仕事内容や日々の出来事などをUPします。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
adibrightウォームアップ ジャケット
防災用品
 
<災害・非常用>手回し充電ラジオ付きライト多機能版
 
フリースクロス
 
フリースクロス(5枚セット)
 
スィングメッセージ
 
DC-10  スイングメッセージ <カーズ>
 
麹(こうじ) 塩切麹 575g 有機JAS認定米使用
RECOMMEND
S510Pハイゼットトラック ヘッドライトLED変更
category: - | author: R&D仲本浩治
0

    昨年末の案件ですが、

    今回、S500系のヘッドライトLED化です。

    新車注文の際、メーカーOPが入ってなかった為、ハロゲンランプのまま車両が届きました

    オーナー様からLEDにしたいとの要望がありましたので、2通りの提案をさせていただきました

    。4のバルブ➡LEDバルブに交換

    ■味釘張悒奪疋薀ぅ硲腺咤咤戮妨魎

    まず、,諒は比較的安価にてLED化できますが、見た目のインパクトには欠けます

    △諒はヘッドライトASSYで14万弱(左右)他ショートパーツなども揃えますので大がかりになります

    しかし、見た目は純正LEDなのでGOOD!

     

    結果オーナー様のご希望により後者△里曚Δ悩邏箸魍始していきます

    早速部品手配し入荷したので車両を預かりました

    すみません・・・分解前の写真忘れちゃいました・・・途中からでご勘弁下さい

    DSCF3544.jpg

    フロント廻りのパーツを取り外していきます

     

    DSCF3546.jpg

    ノーマルのライトはこんな感じ!

    普通の上等〜〜〜

    DSCF3545.jpg

     

    DSCF3547.jpg

    こちらが今回取り付けるライトです

    ん〜〜 バルブが見えんw

     

    DSCF3548.jpgDSCF3549.jpg

    さて、LEDライトユニットをカプラーと繋いで完成といきたいところですが、まず別物と思って下さい

    もともと最初からLED仕様の車両はワンタッチでカプラー脱着できますが、H4ハロゲンの車両はワイヤリングハーネスが

    違います。

    そこで用意したのが、部品としてあるんです!コネクターハウジングが!

    別にハーネスカットして絶縁テープかギボシ端子でいいじゃんと思う方も?

    いやいや、それでは純正と同じではないし、取り外す時に面倒くさいですよね?見た目も美しくですよ!

    DSCF3550.jpgDSCF3551.jpg

    DSCF3552.jpgDSCF3553.jpg

    車両側のハーネス3箇所を加工していきます!勇逸レベライザーは共通なので触りません

     

    DSCF3554.jpg

    端子はLA150Sムーヴカスタムからハーネスをカットしコネクターから抜き取り使用

    こんな感じ

    DSCF3562.jpgDSCF3560.jpg

    端子の差し込み場所は車両の配線図を確認しながら差し込んでいきます

    これでワンタッチで脱着可能になりましたぁ

     

    DSCF3565.jpg

    点灯確認中です!ここでLEDとH4車両の制御に違いが・・・

    そー言えばLEDライトでハイビームにするとロービームが消灯しないタイプだったぁ

    また、配線図を眺めていくとコラムの中で細工した方がいいんじゃね!?

    1本バイパスさせてロービーム側に繋げて完成です

    DSCF3561.jpg

     

     

    DSCF3566.jpgDSCF3567.jpgDSCF3568.jpg

    今回は新車販売してきた中で初めてのケースでしたが無事に終わり納車できました

    S500系にお乗りの方でLED化ご希望あればご連絡お待ちしております。

     

    作業担当 仲本

     

     

     

     

     

     

     

     

    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
    お知らせ
    category: - | author: R&D仲本浩治
    0

      平成31年31日を持ちまして、BP担当スタッフの櫻井大真が退職となりました。お疲れ様でした。

      かねてより計画中だった日本縦断の壮大な旅に出発ができる事を楽しみにしてます!

      また遠くからではありますが応援してます!

      先々でのインスタよろしくね〜

       

      平成31年 4月1日

      ガレージR&D

      代表 仲本 浩治

       

      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
      ガレージのお仕事
      category: - | author: R&D仲本浩治
      0

        ニュービートルちゃんが車検で入庫

        今回は、ドライブシャフトブーツ、ブレーキパッド、ファンベルト、エンジンオイル、ワイパーブレードなど交換がありました

        他にも故障コードも記録しておき後日整備となりました

         

        マツダ デミオ

        N様 走行中エンジンルームから音がしてバッテリーランプが点灯の事

        点検の結果、オルタのプーリーが破損してベルトが外れた事が原因のようです

        今回、リビルト品での対応となり無事修理完了となりました

         

        タントカスタム車検依頼、点検見積もり

         

        トヨタ プロボックス A/C冷えず 点検後 ガス補充で対応

         

        ハイエース 車検依頼 オイル漏れ有り

        バルブカバーG/Kがパッキパッキになって、これではシールできませんね

        新品に交換後すべての作業完了となりました

         

        ホンダ ライフJC1 

        K様 走行中異音 点検の結果 F/ブレーキ固着

        キャリパーシールKIT、Fパッド、ピストン、ブレーキローター交換となります

         

        分解してみると予想以上に錆が発生してます

         

        今回はサンドブラスターも使用し綺麗に根こそぎ取り除きました

        この作業をするかしないかで再発の発生に大きく影響しますので料金も多少プラスになりますが大事な作業なんですよ〜

        このあと車両に組み付けブレーキフルードのエア抜きを済ませ試運転、問題が無いのを確認し納車となりました

         

        日産ノート 板金依頼 

        Fフェンダー、ドアパネル、ロッカーパネル損傷大

        引き出し修正後サフェーサー塗装様子

         

        上記、2名のスタッフ&代表仲本で頑張って作業してます、1日で多くの案件を抱えており携帯電話や問い合わせにスムーズに対応出来ない事が多いですが、ご理解の程宜しくお願い致します

         

        ここ数年で宮古島における全ての業種で完全にキャパオーバーしてる様な気がします

         

        現在4/1以降新規受付予約

           鈑金修理 3ヶ月待ち 

           一般修理、車検 1ヶ月待ち

           輸入車全般整備・修理 6ヶ月待ちとなっております

        comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
        kawasaki ジェットスキー カウル塗装
        category: - | author: R&D仲本浩治
        0

          ジェットショップクルー様より塗装依頼案件

           



          デカール、ノズル他取り外し足付け研磨と同時に油分なども落としていきます

           

          塗装ブースで塗りやすい位置も考えSET

           

          準備が終わると、密着剤を薄く2コート程塗装します

          当店ではプラスチックパーツ塗装などによく使いますよ〜 保険みたいなもんですかね?

           

          今回、車両オーナー様からの指定塗料で関西ペイントさんのハイブリットエコを使用しました(普段はRMダイヤモンド使用)

          まず、下地にホワイトを塗装していきます。

           

          数回に分けて薄く塗装していきます 厚塗り厳禁です

           

          ベースのホワイトがある程度乾燥すると、レモンイエロー塗装していきます

          ハイブリットエコを塗装して思った事は、隠蔽性が抜群にいいです!!

          通常イエローなどは塗装回数が多くなって当たり前なんですが、2回位でほぼ下地は見えなくなりました

          その辺ではRMダイヤモンドより多少いいのかな〜? 他のカラーも塗る機会があれば次回インプレしたいと思います!

           

          トップコート塗装完了

          クリアーRM ダイヤモンドMS使用

          いい感じです!

          海でもめちゃくちゃ眩しいんじゃない?

          土曜日に納品させていただきました。取付後のジェットの写真も後日UP予定です!

           

          塗装担当 仲本

          使用ガン 密着剤&ベースコート アネスト岩田W101&WS400  クリアーコート SATA5000RP 

           

          クルー様 この度はご依頼頂き誠にありがとうございました

           

           

          comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
          4月1日 初登園
          category: - | author: R&D仲本浩治
          0

            今日は四女が新入園なので記念すべき日をゆっくり過ごしたいと思います

            予定通り先生に抱っこされると大泣き。。。

            毎回、可哀想になりますがこれから園でのお友達とか出来たら楽しい事も沢山待ってると思うので暫くは辛抱です!

            慣らし保育期間なので1時間後に迎えに行きま〜す

            comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
            臨時休業のお知らせ
            category: - | author: R&D仲本浩治
            0

              3月末時点で1日の処理台数を大幅に超えこのままでは当店規定のクオリティを保つ事が出来ないと判断しました

              その為クールダウンも兼ねて4月1日はお休みとさせていただきます。

              2日より通常営業再開いたします

               

              R&D代表 仲本浩治

              comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
              LEXUS LS460整備日記
              category: - | author: R&D仲本浩治
              0

                今回、デモカー&私用車でもあるLEXUS・LS460整備日記をupします

                普段、お客様の預かり車両整備に時間を費やしてるので、年末早めに切り上げ12/26〜1/10までの短期間で作業を行いました

                昨年3月頃、BMW5シリーズから乗り換え定期的に点検し交換が必要な部品などは事前にストックしてありました

                整備内容、エンジン、サスペンション、ブレーキ、ステアリング、ボディケアの5項目

                 

                まず車両をリフトUP

                DSCF3393.jpgDSCF3399.jpg

                 

                エンジンオイル交換

                DSCF3394.jpgDSCF3395.jpgDSCF3396.jpg

                普段、交換サイクルは短いので汚れは少ないですね〜

                もし、これがドロドロの状態だと整備士失格です・・・(笑)

                 

                DSCF3398.jpg

                使用するオイルはワコーズのプロステージS10W40  当店お勧めの商品です!

                LS460には8.8L(フィルター交換)も入りますので20L缶を常備してます

                 

                アンダーカバーも取り外していくと?

                DSCF3401.jpgDSCF3400.jpg

                 

                こちらが問題のロアアーム、ブッシュに亀裂が入り走行性能が著しく低下

                アライメントの狂いも出るのでタイヤの変摩耗にも繋がりますので交換していきます

                DSCF3411.jpgDSCF3413.jpg

                 

                ロアアーム本体の付け根側にあるボルトがステアリングラックを外さないと抜けないので

                ラック本体の取り外しにかかります、その際、組付け時センターのズレを防ぐ為マーキングしておきます。これ地味に大事

                DSCF3404.jpgDSCF3408.jpg

                 

                今回、完全には取り外さず針金などで保持

                DSCF3407.jpgDSCF3409.jpg

                 

                DSCF3415.jpg

                すんなり抜けました!ちなみに車両によっては錆などで固着して抜けにくい車両もあります

                 

                次に、ハブ、ナックル側を抜きたいのですが、これがかなり厄介な箇所です!

                DSCF3417.jpg

                大変抜きずらく手持ちの工具ではなかなか外れません(去年外れなく断念)

                そこで購入したのがこちら↓

                DSCF3418.jpg

                JTCボールジョイントプーラー!ちょっと高かった(´;ω;`)ウゥゥ

                 

                DSCF3419.jpg

                早速、威力を見てみますか。。。 バチーンと豪快な音をたて外れました

                去年、あんなに外れなかったのに・・・最強ですwww 持つべきものは工具だなw

                DSCF3420.jpg

                 

                今回、ロアアームX2 コントロールロッドX2交換

                DSCF3421.jpg

                 

                DSCF3422.jpgDSCF3426.jpg

                 

                DSCF3427.jpg

                 

                 

                DSCF3429.jpgDSCF3428.jpg

                 

                サスペンションが終わるとブレーキ系統に移ります

                今回はパッド残量も問題なし

                DSCF3430.jpgDSCF3433.jpg

                キャリパー洗浄、パッドの面取りも行います

                当店では2種類のブレーキグリースを使用します。パッドの鳴き止めに効果的なのがコーザイさんの高粘度グリース

                DSCF3431.jpg

                DSCF3434.jpgDSCF3432.jpg

                4輪とも行っていきます

                DSCF3442.jpg

                 

                新品タイヤに組み替えブラック樹脂コート剤をタイヤに塗っていきます

                通常のタイヤレザーWAXよりもベタベタせず乾燥するとサラサラでいい感じ

                DSCF3435.jpgDSCF3436.jpgDSCF3437.jpgDSCF3438.jpgDSCF3439.jpg

                よく革靴にぬりぬりする製品と原理は一緒

                黒い樹脂を塗り込んでるので耐久性に優れます。レザーWAXは嫌な方にはお勧めです!カー用品コーナーで探してみるか

                シュアラスターで検索してみてはいかがでしょう?https://www.surluster.jp/fs/surluster/detail-S-89

                 

                サスペンションの分解、交換をしたのでサイドスリップテスターで確認&調整

                やはり、規定値を大幅に外れてました。OUTに30弌,海譴任録敬淵織ぅ笋發△辰箸罎Δ泙妨困辰討靴泙い泙后ΑΑ

                何度かハンドルセンターも取りながら3回程でグリーン規定内に収めました

                DSCF3535.jpgDSCF3537.jpg

                年末はここまで!

                 

                2019 新しい年の始まりです

                リフトでの作業は終わり次は僕の得意分野ボディケアに移ります

                行程:高圧洗浄エンジンルーム&下廻り➡洗車➡粘土クリーナー鉄粉除去➡洗車➡磨き2ステップ➡WAXコーティング

                 

                モール類などマスキングしたのちポリッシャーを使用しボディー表面の汚れを磨きで除去していきます

                DSCF3478.jpgDSCF3479.jpg

                 

                DSCF3483.jpgDSCF3482.jpgDSCF3491.jpgDSCF3490.jpg

                しかし車デカッ!

                 

                DSCF3481.jpgDSCF3480.jpg

                 

                磨き完了 シルクのような肌触り

                DSCF3485.jpgDSCF3488.jpg

                 

                仕上げは最高級WAXメーカーで有名なザイモール https://www.amazon.co.jp/stores/node/2448882051?_encoding=UTF8&field-lbr_brands_browse-bin=%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB&ref_=bl_dp_s_web_2448882051

                今回はチタニウムグレイズを使用! 塩害、鳥の糞などに強いとのこと

                他に塗り込むWAX独特の艶が得られます(ショーカーなど使用)これを手のひらに取り体温で溶かし

                DSCF3492.jpgDSCF3496.jpg

                直接ボディーに伸ばしながら塗り込んでいきます

                DSCF3497.jpg

                ちなみにガレージで行うと普通ですが、コイン洗車場などで施工する場合ヤバイ奴に思われる可能性もありますので要注意ですw

                 

                さて、ボディーが綺麗になった分ヘッドライトの黄ばみが余計に目立ちますのでこちらもリフレッシュ

                DSCF3501.jpgDSCF3502.jpg

                 

                今回、水研ぎペーパー800番〜2000番で研磨

                DSCF3504.jpgDSCF3503.jpg

                 

                仕上げにヘッドライトスチーマーを施工して完成

                新車のようです!

                DSCF3505.jpgDSCF3506.jpg

                 

                DSCF3510.jpgDSCF3511.jpgDSCF3515.jpgDSCF3514.jpg

                 

                DSCF3526.jpg

                雨の日にはこんな感じで水滴が流れ落ちていきます!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                SUZUKI ハスラー鈑金修理事例
                category: - | author: R&D仲本浩治
                0

                  2019、初ブログ更新となります

                  今年もガレージR&Dを宜しくお願いしま〜〜〜す

                   

                  SUZUKI ハスラー Bレンタカー様車両

                  事故により左側部ダメージ大

                  DSCF3099.jpgDSCF3100.jpgDSCF3101.jpgDSCF3104.jpg

                   

                  事故の影響でドア閉まらないです〜

                  センターピラーまで押し込まれ損傷してるのが確認できます

                  DSCF3106.jpgDSCF3105.jpg

                   

                  ハーネス類は問題ありません

                  DSCF3110.jpgDSCF3111.jpg

                   

                  内張り外して内部のパーツ確認するとP/WレギュレーターモーターASSY破損

                  DSCF3112.jpgDSCF3113.jpgDSCF3115.jpg

                   

                   

                  今回Bピラーは構造上引き出し修正では無く取替と判断

                  損傷箇所を切り取り新品ピラーパネルをパルスミグで溶接していきます

                  DSCF3516.jpgDSCF3519.jpg

                  この溶接機導入した事もあり、修理品質の向上や新しい車の修理も対応可能になりました(ホンダNBOX等)

                  DSCF3517.jpgDSCF3520.jpg

                   

                  その後、継ぎ目の処理をパテで成形しプラサフ塗装

                  DSCF3530.jpgDSCF3533.jpgDSCF3534.jpg

                   

                  塗装ブースに移動し塗装

                  DSCF3569.jpgDSCF3570.jpgDSCF3571.jpg

                   

                  次はドアパネルの塗装

                  ゴミの付着に気をつけながら慎重に作業していきます

                  DSCF3580.jpgDSCF3581.jpg

                   

                  全ての塗装が終わると次に車体にパーツ類を組み付けていきます

                  DSCF3611.jpg

                   

                  同時に水圧テストも行い室内に漏れが無いか点検確認

                  異常も見られないのでボディーコーティング作業に移ります

                  今回、当社もお勧め!スパシャン2019モデル!2018よりも進化してるそうなので早速使用してみました

                  DSCF3612.jpgDSCF3615.jpg

                   

                  昨年から入庫してたので工場内のホコリ等で汚れてるので、ボディ表面を基本洗車したのち鉄粉クリーナーを使用し

                  表面に付着した鉄粉を綺麗に取り除きました

                  DSCF3619.jpgDSCF3618.jpg

                  そして、スパシャンコート

                  スポンジでパネル1枚ずつ施工していくと、あら不思議!水で流すとすでに撥水してます!

                  施工も簡単だし、コスパも抜群です

                  DSCF3620.jpg

                  もの凄い勢いで流れ落ちてます

                   

                  DSCF3623.jpgDSCF3622.jpg

                  時間が経つと光沢も増しツヤツヤ!

                   

                  ビフォー

                  DSCF3101.jpg

                   

                  アフター

                  DSCF3624.jpg

                   

                  1/19 無事に納車されました

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                  2019 謹賀新年
                  category: - | author: R&D仲本浩治
                  0

                    明けましておめでとうございます

                    旧年中はガレージR&Dをご愛顧いただき誠に有難うございました

                    また昨年はレンタカーは勿論、一般のお客様のボディリペアの案件も非常に多い年となりました

                    本年もハイクオリティな鈑金、防錆を軸とした業務体制で頑張ってまいります

                     

                    ガレージR&D

                    代表 仲本 浩治

                     

                     

                     

                    comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                    マスタング
                    category: - | author: R&D仲本浩治
                    0

                      フォード マスタングが鈑金依頼で入庫してきました

                      この車両レンタカーですが、お客様の運転ミスによりガードレールに接触

                      車両右側が大きく損傷してます

                       

                      DSCF3152.jpgDSCF3153.jpgDSCF3154.jpgDSCF3155.jpgDSCF3156.jpgDSCF3157.jpgDSCF3158.jpgDSCF3159.jpg

                       

                      塗装が剥がれた下には以前鈑金補修した跡がみられます

                      DSCF3160.jpgDSCF3161.jpgDSCF3162.jpgDSCF3163.jpg

                       

                      通常保険修理であればドア、クォーターパネル交換レベルですが、68万の見積もりになり高額です

                      依頼されたR様と相談の上、今回引き出し修正鈑金修理で協定

                      予算の都合もあり仕上がりは問わないとの事でしたので、仕上がりの内容を話し合い了承してもらいました

                      DSCF3164.jpgDSCF3165.jpg

                      DSCF3166.jpgDSCF3167.jpg

                      まず、Rクォーターパネルから修正していきます

                      スタッド溶接機、硬くて引き出しが困難な箇所はミグ溶接機などを使用し鋼板を元の形に戻していきます

                       

                      DSCF3168.jpgDSCF3169.jpg

                       

                      鈑金が終わるとブースに移動し塗装します

                      DSCF3191.jpgDSCF3192.jpg

                      DSCF3193.jpg

                       

                      完成後

                      今回、ブロック塗装仕上げで多少色の誤差はありますが貸し出しには問題ないでしょう

                      DSCF3194.jpgDSCF3195.jpgDSCF3196.jpgDSCF3197.jpgDSCF3198.jpg

                      9月末には納車予定でしたが、台風24号のおかげで今月に遅延

                      台風25号襲来前に納車できホッとしました

                      スタッフ一同お疲れ様でした!!!

                      comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
                      new old
                      SELECTED ENTRIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      RECENT TRACKBACK
                      LINKS
                      PROFILE
                      OTHERS
                      SEARCH